• 在宅介護で悩んでいませんか?
  • 介護においてもっとも気をつけなければいけないのは、経済的にも
    精神的にも介護をする人と被介護者が共倒れになることです。
  • 一人で抱え込まずに、相談すること・・・!

    • まず大事なことは、一人で悩みを抱え込まないことです。配偶者、配偶者の親などの介護をする際に、肉体的・精神的な疲労の他に、多くの時間が介護に割かれるため、どうしても孤立してしまいます。孤立してくるとより心身に大きなストレスを受けます。弊社では無料の介護相談窓口がありますので、お気軽にご相談ください。

  • 小規模多機能型居宅介護は、施設への「通い」を中心に、短期間の「宿泊」や自宅への「訪問」を組み合わせ、生活支援や機能訓練をひとつの事業所で行う在宅介護サービスの一種です。 ケアプランの作成からサービスの提供まで同じ事業所が行うため、利用者とスタッフ、また利用者同士が顔見知りとなり、おのずとアットホームな雰囲気が生まれます。そこで継続的にケアを受けられることは、環境の変化に敏感な高齢者にとって、大きな安心感に繋がります。

    ※介護でお困りの方、どのようなことでも構いません。直ぐにお問い合わせください。